記憶の大切さ

指導者がよく口にする言葉で「頭を使って試合をしなさい」というフレーズがあります!頭を使うというのは正解ではありますが、あまりに漠然としすぎて子供たちにはうまく伝わっていないケースがよくあります。

また私が指導している子供達は週に2回の子が多いということもあり、なかなか「毎日言い続けて習慣化する」というのも難しい点はあります。

私が常日頃気をつけていることは、「具体的にいう」ということです。例えば頭を使うを子供達に求める場合、私は「得点を記憶しなさい」ということを話しています。卓球の場合セット間にしかアドバイスできません。しかしながら、セットが終わってアドバイスをしても、どのプレーに対してのアドバイスをしているのか、選手が記憶していなければ「そんなことあった?」という具合になり、アドバイスが活きません。

頭を使う=プレーを記憶することから始めたら、頭を使えるプレーヤーに一歩近づくことと思います!是非チャレンジしてみて下さい‼️

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる